2、敷地の決定と現況測量

今回のモデルハウスの建築地は小倉北区です。

1つの大きな土地の一部を使用して計画を進めることに決まりました。

建築予定の場所は、アスファルトが敷かれて10台程度の月極駐車場になっている場所になります。

最終的には、大きな土地を分筆する予定ですが、計画段階で分筆まで行うのは大変なので、まずは現況測量を行います。

馴染みの土地家屋調査士の先生が、なんとサービスで簡易的な測量をして下さいました。

H先生、ありがとうございます。

正確な土地の形状を把握した上で、作図を開始します。