ローコスト住宅に真四角のキューブ型が多い理由とキューブ型のジレンマ

ローコスト住宅にキューブ型の住宅が多い理由は、「全体的にコストを安く抑えられるから」です。

なぜコストが抑えられるのか、視覚的に分かりやすいように、簡単に資料を作ってみました。

下の3つの図形は、いずれも面積36㎡の建物の平面図と思って下さい。

面白いことに、同じ面積でも、外周の距離が異なることがご理解頂けると思います。

この事実が、ズバリ、ローコスト住宅に真四角のキューブ型の住宅が多い理由です。

外壁だけを考えても、正方形のキューブ型(しかも総2階)で作った方が部材も少なくて済み、結果的にコストを安くできるのです。

非常に合理的な形状であると言えます。

上の画像では、極端な例は出していませんが、横長になればなるほど、外周の距離が増えることは、下記の計算式をご覧頂ければお分かり頂けると思います。

6×6=36㎡ 外周24m

4×9=36㎡ 外周26m

3×12=36㎡ 外周30m

2×18=36㎡ 外周40m

1×36=36㎡ 外周74m

少し極端な例ですが、ここまで違いがあるのです。

つまり、安く建てるには、「平面図を正方形に近づける」「なるべく総2階で建てる」「形状のデコボコを少なくする」ことがポイントになります。

 

私たちも、できる限りコストを安く抑える努力をしておりますので、上記のようなことを頭に入れながら間取図を描くのですが、ここでジレンマを感じることが少なくありません。

「正方形」「総2階」「デコボコなし」で建物をデザインすると、どうしてもダサくなりがちなのです。

これは私たちの力量不足もあると思いますが、どうしても「おもちゃの家」のようにしか仕上がらない…。

結果的に、筆者は完全なキューブ型の住宅を企画したことはありません。

コストが大幅に高くならないように気を付けながら、少し横長にしてファサード(建物の顔)を広く見せたり、両側を少しだけ出っ張らせて、ツインタワー調にしてみたり…といった感じで、建物のファサードが単調になりすぎないように気を付けて作っています。

建物のスペックを比較する際に、〇〇坪〇LDKなどの数字でしか比較をしないことが多いと思いますが、同じ面積の建売物件を比較する際などの参考にされてはいかがでしょうか。

外壁(サイディング)仕様の見分け方

ここでは、外壁(サイディング)の見分け方のポイントを解説します。

サイディングの工法は、「釘打ち」と「金具工法」の2種類に大別されます。

上の画像が釘打ちで、下の画像が金具工法です。

サイディングは非常に画期的な外壁材であり、一部の高級住宅を除いて一般的に広く使用されている商品ですが、パッと外観を見る時に、色や貼り分けデザインなどの方に目が向きがちですが、「機能性」「耐久性」「見た目」などの観点において、「釘打ち」か「金具工法」かを確認するのは重要です。

見分け方は簡単で、近くで見た時に、上の写真のような釘が見えれば「釘打ち」、見えなければ「金具工法」です。

材料費などのコストは「釘打ち」の方が安く抑えられるのですが、「釘打ち」のサイディングは以下のようなデメリットを有しています。

・釘を打った部分から水分が浸透し、凍ったり融けたりを繰り返すことで劣化に繋がる(特に寒冷地)

・釘を打った部分をタッチアップ塗料で塗る際に色が完全には合わせられないため、見た目が悪い

このような理由から、しっかりとチェックをしておいた方がいいと言えるでしょう。

また、コチラに関しては、価格の安さという点を除けば、明らかにどちらが良いかは明白な箇所になりますので、そのハウスメーカーの姿勢も垣間見える仕様だと思います。

床材 1本溝2本溝って何?

床材の仕様の見分け方のポイントを解説致します。

これは、好みの問題でもありますし、どちらが良い悪いの問題ではないのですが、業界に詳しい者の見分け方として「1本溝」と「2本溝」の違いというものがあります。

これは、単純に「床材の幅」と「価格」の違いです。

色味の違いは無視して読んで頂ければと思いますが、フローリングのワンセットの幅(約30cm)を何本の溝が走っているかというのがここでの論点です。

1本溝タイプ(上の画像)は、30cmの幅の中に1本の溝が入っているわけですから、溝と溝の間は約15cmとなります。

2本溝タイプ(下の画像)は、30cmの幅の中に2本の溝が入っているわけですから、溝と溝の間は約10cmとなります。

筆者は、この幅の違いを、そのハウスメーカーの仕様を見定める上での、1つの指標として、見分けを行っています。

こちらの価格の違いですが、溝と溝の空間の広い1本溝の床の方が金額が高くなります。

機能性などは材質などに依存しますが、「見た目」という観点で言えば、一本溝の方が高級感が出るのが特徴です。

かなりマニアックな見分け方ですが、建物を内覧する機会があれば、ちょっと気にかけてみて頂ければと思います。