対面キッチンの仕様の見分け方

ここでは、対面キッチンの仕様の見分け方のポイントを解説します。

対面キッチンが主流となっている現在、建売物件などで是非チェックして頂きたい点があります。

それは、ダイニング側(キッチンに向かって正面)が、キッチンの面材で覆われているのか、それとも壁紙で覆われているのか、という点です。

ダイニング側がキッチンの面材で覆われている↓

ダイニング側が壁紙で覆われている↓

何気なく内覧をしていると気づかないこともありますが、多くの建売物件の場合は、後者の画像のような壁紙で覆われているタイプの対面キッチンが採用されています。

皆様は、どちらがお好みですか?

筆者は、断然、前者のキッチンの面材で覆われているタイプが好みです。

では、気になる価格はどちらが高いのでしょうか?

答えは、前者です。

フードの部分にも壁が付いているので、後者の方が高いと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、前者の方が金額は高くなります。

注文住宅でコストを抑えるために後者を採用する場合もあるかもしれませんが、建売などを購入する場合は、気にしておいた方がいいポイントだと思います。