天井の高さを確認しましょう

こちらのテーマは、写真ではイメージして頂くのが難しいと思いますが、実際の建物仕様を見分けるポイントとしては、非常に重要なポイントです。

戸建住宅の天井高の基本は2m40cmだと言われています。

最近は、大手ハウスメーカーのCMで、天井高をアピールするCMが放映されていますが、これは、筆者も本当に強く共感する建物の重要な要素の1つであると思っています。

断言できますが、天井高は、高いに越したことはありません。

限られた建築面積の中で、圧迫感なく生活をする上で、天井高は本当に大切なポイントです。

筆者は「天井高2m40cmで18帖のリビング」と「天井高2m70cmで16帖のリビング」どちらを選びますか?と聞かれたら、間違いなく後者を選択します。

それくらい天井高というのは、「居心地」「与える印象」「体感面積」という観点において重要な要素なのです。

集中して勉強をしたり、落ち着いて睡眠をとる場所であることの多い2階スペースは、逆に天井が高すぎると落ち着かない場合もありますが、1階の天井高は比較対象として頭に入れておくべきだと思います。