上津熊モデルハウス 窓を最小限に配置したスクエアな外観

大通りに面した北側道路に面した建物の外観は、アクセントとなる縦長窓2枚のみを配置した、最小限の開口部で構成。
採光のために開口する必要の少ない北側だからこそ実現できた、超シンプルな外観。
室内は、別の面からしっかりと光を採り入れるように計画しており、「外に閉じて内に開く」建物として計画しました。
弊社では、単純なデザインだけでなく、方位を意識しつつ、その方位に最適なデザインの方向性を定めて計画を進めるようにしています。